toggle
シンプルでわかりやすいアプリケーションソフト
2019-09-14

社会福祉法人らくらく会計

特  長

  • 平成23年改訂の社会福祉法人会計基準に対応しています。
  • 通常の複式簿記仕訳を行うことで資金収支計算書をはじめすべての帳票が作成できます。
  • 仕訳科目の学習箱・摘要名の学習箱で使っていくほど便利になります。
  • 摘要名での金額集計ができます。
  • パソコンの実行環境を変えないクリーンアプリです。
  • 電話などのサポートを含む年間使用料方式です。
  • 購入前に体験版にて全機能をお試しいただけます。
    (入力したデータは正式版にそのまま移行できます。)

トピックス

会計事務所との連携

  • 貴法人様の会計指導に限り会計事務所様には無償でソフトの使用許諾をしています。
  • 会計事務所では、データの再入力が不要になります。

ソフトの概要説明

再生時間は約2分で音声はありません。拡大して見てください。
クリックすると一時停止します。

試用版ソフトをお試しください。

  1. 下記のkaiF6D2.zipをクリックして圧縮ファイルをダウンロードします。
    kaiF6D2p.zip
  2. このファイルを開き”社会福祉法人会計D2”のフォルダをコピーしてCドライブに張り付けます。
  3. 社会福祉法人会計D2”のフォルダを開き、”kaiF6D2.exe”を実行するとソフトが起動します。
  4. 使用説明書及び仕訳例などは下記を見てください。
  5. 試用版では入力できる仕訳数は300仕訳以内です。
    それ以外の制約はありませんので、ご自由にお試しください。
  6.  このソフトの概要はここ(kaiF_about.pdf)をクリックしてください。

操作説明書

  1. ソフトのセットアップとソフトの起動
  2. 最初に設定する事項
  3. 社会福祉法人の部門登録
  4. 勘定科目の設定
  5. 按分比設定と按分仕訳 (必要な場合のみ) 会計共通
  6. 会計期首での各種設定 共通説明
  7. 繰越金の設定
  8. 予算の設定
  9. 振替仕訳入力 会計共通
  10. 総勘定元帳  会計共通
  11. 試算表
  12. 月別集計
  13. 決算書
  14. 内訳表
  15. 新年度更新処理  会計共通
  16. バックアップコピーとデータの復元 会計共通
  17. ネットワークでの運用について 会計共通
  18. ”就労支援事業”の科目設定について
  19. 消費税計算  会計共通
  20. 内部取引消去  会計共通
  21. 決算時の確認事項
  22. ひな型科目の登録と読出し機能  会計共通
  23. 決算整理試算表など
  24. 各種別表などの決算書類の作成について
  25. 財産目録の作成について
  26. WAMnetへのCSVファイル出力について

運用資料

仕訳に関すること

  1. 社会福祉法人会計D2の仕訳例 (新会計基準)
  2. 訂正仕訳について
  3. 固定資産の部門間移動 (会計共通)
  4. 固定資産の除却仕訳
  5. 「長期前払費用」の振替について
  6. 平成27年改正(保育事業)による科目の追加について

その他の運用資料

  1. 部門データのインポート・エクスポート
  2. 法人税がある場合の科目の設定
  3. 会計C2のデータを会計D2に取り込む
  4. 各種トラブルの対策(現在整備中)
  5. 指定した期間の仕訳データの取り込み
  6. 下位階層の会計データを上位階層の特定の部門に併合する方法
    併合処理ソフトのダウンロード(heigop.ezip

ご購入について

  • 70,000円(税抜)/年
  • 注文書(社会福祉法人会計D2)を印刷してFAXでお送りください。
  • この価格には、電話・メールでのメンテナンス及びソフトのバージョンアップ料等も含まれます。
関連記事